30代の毛穴は今までと違う!たるみ毛穴の改善方法は何かない!?

30代の毛穴はどうして目立ってくるのでしょうか。

30代の毛穴に必要な改善方法を調べてみました。

30代になると毛穴がたるんでできる、たるみ毛穴が気になりだしてきます。

たるみ毛穴とは、コラーゲンエラスチンヒアルロン酸などが年齢と共に減少してできる毛穴です。
たるみ毛穴の改善は、ローヤルゼリーイソフラボンが配合されている化粧水と
レチノールとビタミンCを配合した美容液を使用することが大切です。

ローヤルゼリーとイソフラボンが配合されている化粧水はなぜたるみ毛穴にいいの?

ローヤルゼリーは、コラーゲンやエラスチンの生成を助けます。

タンパク質・ビタミン・ミネラル・炭水化物・脂質のバランスが取れている成分です。
栄養価が高く、新陳代謝や肌のターンオーバーを促しながら肌を健やかに保ってくれます。

イソフラボンは、植物性のポリフェノールの一種です。

肌の老化を抑えるエストロゲンに似た効果があります。
ヒアルロン酸の生成をを助けて役割があります。

レチノールは、皮膚細胞を正常に修復します。

たるみ毛穴の改善にもう1つ必要なこと、それは表情筋トレーニング

顔の筋肉を鍛えないと、どんどんたるんできてしまします。

表情筋トレーニングとはどういうやり方でしょうか。

1.口を大きく開いてゆっくりと「あ・え・い・う・え・お・あ・お・い」と声にだします。
2.最後の「い」は少し伸ばします。
3.ゆっくりと「あ・え・い・う・え・お・あ・お・う」と声にだします。
4.最後の「う」は少し伸ばします。

各4セット行います。

いつでもどこでもできるので、簡単にできていいですね。

たるみ毛穴の改善として、食品についてもふれておきます

・大豆イソフラボン
女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをします。
肌のツヤやハリを高めてくれる効果があります。
加工食品のほうが吸収されやすいです。
納豆・豆腐・きな粉に多く含まれています。

・アミノ酸
コラーゲンを作る原料となります。
アミノ酸は種類が多くありますが、アスパラギン酸が肌に効きます。
アスパラガス・大豆もやしに多く含まれています。

プロリンもコラーゲン生成に必要となります。
豚肉・動物性のゼラチン質・小麦タンパクなどに多く含まれています。

・ポリフェノール
ポリフェノールを摂取すると血液がサラサラになり、
細胞全体に栄養がいきわたります。
そば・玉ねぎ・なす・赤ワインなどに多く含まれています。

・タンパク質と抗酸化ビタミン
タンパク質は体内でアミノ酸に分解されます
同時に抗酸化ビタミンを摂取することで
コラーゲンを作る原料となります。
タンパク質はお肉・お魚などに多く含まれています。
抗酸化ビタミンは緑黄色野菜に多く含まれています。

たるみ毛穴の改善まとめ

調べた結果、たるみ毛穴には、外側からのケア(化粧水・美容液)、内側からのケア(食事)が同時に必要で、
トレーニングで筋肉に刺激を与え強くしていくことが大切ということが分かりました。

ソワン美容液は毛穴に効果のある、肌にやさしい成分が配合されています。
一緒に行うことで更にたるみ毛穴に効ききそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする